アイキャット・ロゴ

アイキャットは高度にマネジメントされたシステムにより
科学的な歯科治療の実現を目指します。

English
サイトマップ アクセス プライバシーポリシー 免責事項
ホーム NEWS イベント・セミナー 製品・サービス CT撮影 患者さまへ お問合せ 企業情報
HOME患者さまへ(インプラントとは)> 他の治療法との比較
インプラントとは
歯が抜けた時の一般的な治療法
ブリッジってどんな治療?

歯の抜けたところの両隣りの歯を削り型取りをして、抜けた歯の部分に橋をかけるようにブリッジで固定をする治療法です。



「宮内修平先生(大阪市開業)より
ご提供」

メリット

  • セラミックなど白い歯であれば見た目がきれい
  • 噛みごたえがよい

デメリット

  • 天然の歯を固定源とするため抜けた歯の隣りの健康な歯を削らなくてはならない
  • 抜けている歯が多い(連続して3〜4本)と適用できない

義歯(入れ歯)ってどんな治療?

歯の抜けたところを型取りして、出し入れをするいわゆる「入れ歯」の治療法です。

左下奥歯に取り外しの義歯が入っている患者

メリット

  • 歯を削る量は、わずか
  • 歯が多く喪失した場合でも適用可能

デメリット

  • 噛みごたえが悪い
  • 食べ物が入れ歯の下に入ったりする
  • 固い物は咀嚼しにくい場合がある
  • 噛むと歯ぐきが痛むことがある
  • バネなどが見えると見た目が悪い


インプラント治療
インプラント治療ってどんな治療?

歯が抜けた後のあごの骨に、手術によって金属製(通常チタン製)のボルト状の人工歯根「インプラント」を埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯を被せる治療法です。

上の義歯装着患者の治療後

メリット

  • 見た目がよく、天然の歯とほとんど同じ
  • 噛み応えがよく、天然の歯とほとんど同じ
  • 日頃の手入れも天然歯と同じだから、簡単
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 噛んでも歯ぐきに痛みはない

デメリット

  • 外科手術が必要
  • 手術には神経マヒや上顎洞炎など
    を偶発する手術の危険が伴う
  • 骨の治療期間が3〜6ヶ月で、全体では
    1年以上とかかることが多い
  • 全く保険が適応されないので、高額治療となる

「インプラント治療の流れ」へ

患者様へ
インプラントとは
他の治療法との比較
インプラント治療の流れ
医院の選び方
ハンズオンセミナーのご案内
資料請求はこちらから
Facebook iCAT公式ページへ
十河がゆく
iCAT User's Voice
CT適塾
CALL
copyright(c)2005 icat. All rights reserved.