toggle

広告企画「十河がゆく」
Sogo ga yuku

HOME > お知らせ > 十河がゆく

「十河がゆく」は、弊社十河がiCATユーザーの先生方を毎月訪問してお話を聞く、

日本にCT撮影ならびに安全な歯科医療を普及させるための企画です。

Vol. 掲載 訪問先 内容
49
2016年3月号
(1350KB)
十河基文 効果的なCT撮影、CT撮影テンプレート
・CT撮影に空気を活用
・多数歯欠損ならCT撮影用テンプレートを作製
・CT撮影は「少し開口、しかし咬合」
48
2016年2月号
(1110KB)
十河基文 iCATのデータ合成モジュール
・模型をデジタル化してCTデータに合成
・合成対象とトップダウントリートメント
47
2016年1月号
(1638KB)
平山富興先生 3次元の多くの情報をくれるので臨床で必須の装置
・根尖病変じゃないんだ!
・瘻孔の直下の根充歯が原因歯ではない
・ペリオでは歯の全周を把握
・上顎洞粘膜の肥厚がよくわかる
46
2015年10月号
(1927KB)
松原幹朗先生 従来のX線診査にはない多くの情報があることを実感
・根尖病変ではなかった?
・左側小臼歯付近の違和感
・ガイドサージェリー
・iCATを選んだ理由
45
2015年7月号
(1408KB)
十河基文 デジタル・インプラント・デンティストリーの潮流
・デジタルデンティストリーとインプラント治療
・デジタル・インプラント・デンティストリーの流れ
・3つのデジタルデータの融合
・ガイドサージェリーにおけるCAD/CAMの活用
44
2015年6月号
(1771KB)
長井哲弥先生 立体的な診断ができるのが何よりものメリット
・やはりインプラントは安心できる
・一般診療でも
・矯正治療にも
・十河から補足「3Dは大まかに、2Dで診断」
43
2015年5月号
(2090KB)
十河基文 IDS(世界デンタルショー)報告
・3~4年先の日本
・広告から見る力強さ
・黒山の人だかりベスト4
・総評「デジタルデンティストリーの加速」
・口腔内スキャナー
・デジタルからリアルな模型へ
・義歯のCAD/CAM
・歯冠修復のCAD/CAM
・インプラント手術用CAD/CAMガイド
・CTデータから歯根や骨のCAD/CAM
・歯科用CT
42
2015年3月号
(1596KB)
塩浜康良先生 ガイドサージェリーにおける注意点
・歯冠粘膜合成による診断
・盲目的に利用してはいけないガイド
41
2015年1月号
(1596KB)
十河基文 咬合平面を基準平面として水平にする
・ポイントは空間把握。さらには基準平面
・見えない咬合平面を「勘」で設定
・模型合成で咬合平面を確認
・「咬合平面」と「眼耳平面」を使い分ける
40
2014年11月号
(1464KB)
川南 聡先生 歯科用CTによる診断なしにはありえない
・パノラマでは見えない下顎右側7番遠心の骨吸収
・CTで見えた歯冠上の骨と下顎管との関係
・頬側骨の厚みでわからなかった大きな病変
・唇側側がわからなかったエンド・ぺリオの病変
39
2014年9月号
(1406KB)
森田和子先生 エンドやぺリオに有効性を実感
・唇側骨の厚みをCTで見る
・「残して欲しい」という強い希望だったが・・・
・感処にこだわらず早くCT撮影しておれば・・・
38
2014年7月号
(1299KB)
清水 龍先生
山田将平先生
画像が良いのでエンドに大活躍
・病態の把握と治癒イメージが浮かぶ
・大きな病変でも安心
・ガイドサージェリーにも活用
37
2014年5月号
(1606KB)
木村陽平先生 正中に2本あった埋伏歯、曲がった根の診断など
・正中の埋伏歯、実は2本
・上顎洞炎が一目瞭然
・「曲がった根」と「いたる所の骨吸収」
・「頬舌側を貫く骨吸収」と「根の吸収」
・従来のX線診査ではわかりにくい?歯科病変
36
2014年3月号
(1938KB)
末安貞治先生
堤隆一郎先生
傾斜埋入の診断とガイデッドサージェリー、
ヘミセクションと意図的再移植
・チャンピオンデータではない「画質」が決め手
・「遠隔サポート」と「28拠点」(当時)の安心感
・骨移植をするのではなく骨を探す
・模型合成をすることでさらに注意深く診断
・エンドの治療にも有効な歯科用CT
35
2014年2月号
(2841KB)
上田吉松先生 根尖病変、1壁性骨欠損、矯正インプラントの診断
・パノラマとセファロが期待値以上
・頬棚の厚みで見えにくくなる病変
・歯科用CTで治療計画の立案が明確に
・矯正用アンカー(矯正インプラント)
34
2014年1月号
(2255KB)
十河基文 ガイドサージェリーの基礎知識
・呼び方は「ステント」?
・寸法精度を左右する2種類の誤差
・「CTの限界」も原因の1つ
・ヒューマンエラーを認識して手術に臨む
・骨質を考慮すると「フルサポート」は難しい?
・埋入方向をパノラマでは確認できない
33
2013年12月号
(2465KB)
十河基文 金属アーティファクトの影響と除去
・金属アーティファクトの影響について
・発想の転換「CTの生データとは?」
・見えないものが診えるGIDORA
・補完処理ではないGIDORA
32
2013年11月号
(1617KB)
和田匡史先生 サイナスリフトの術前診断
・「画像濃度値=CT値」と「撮影範囲」
・粘膜の肥厚
・自然孔における交通
・隔壁
・骨の厚み
・上歯槽動脈の走行
・臨床的骨質診断
・エンドでも活躍
31
2013年10月号
(1564KB)
野々山浩介先生 CT画像からは多くの情報を細かく見れる
・多くの情報を細かく見れる
・金属アーティファクトの除去
・オトガイ孔ではないと確信。骨質診断も。
30
2013年9月号
(1603KB)
梅田和徳先生 適正に利用してこそ有効なガイドサージェリー
・増えるトラブル・リカバーと対処策
・症例1:ガイドを信じて正確に
・症例2:ガイドの盲目的利用いけない
29
2013年8月号
(1598KB)
岡田政俊先生 CTではじめてわかったカリエス・内部吸収など
・症例1:カリエス
・症例2:内部吸収
・症例3:根尖病変(透過像)
・症例4:いわゆる根尖性セメント質異形成症
・症例5:1壁性でなく3壁性骨欠損
28
2013年7月号
(1708KB)
石塚義彰先生 パノラマだけでは把握しきれなかった多くの病変
・決め手は「臨床的骨質診断」
・初診時にパノラマと無料CT撮影
・パノラマとCTとの比較
・1回のCT撮影で多くの情報量
27
2013年6月号
(1494KB)
平野裕之先生 デンタル・パノラマでは見えなかった症例
・画像へのこだわりと各種連携
・デンタルではわからない(エンド)
・一目瞭然の歯科用CT(エンド/ペリオ)
・見え過ぎると気になる(栄養管?)
・下顎管に近い8番の抜歯(2回法)
26
2013年5月号
(1589KB)
梅津清隆先生 歯根破折の診断 唇側骨、歯肉の厚みを識別
・「技術的優位性」と「誠実な営業マン」
・2次元ではここまで解らない
・口角鈎で空気を表現
・診えなかった骨が診える
・力のかけ方を事前に考える
25
2013年4月号
(1573KB)
十河基文 FOV(有効視野)を広くする工夫
・歯科用CTでは「拡大再構成」
・歯科用CTのFOVについて
・コストを上げずにFOVを広くする工夫
・1.オフセットスキャン
・2.ステッチ機能
・3.微小角再構成
24
2013年3月号
(1560KB)
藤田義典先生 一般診療から矯正まで幅広く活用
・抜歯をしないで放置状態の患者さん
・RevoluXの3つの技術優位性
・臨床に適した微妙な「微小角再構成」
・歯科医も安心。患者も納得。
・矯正治療におけるCT診断
23
2013年2月号
(1520KB)
成川正之先生
成川史子先生
ペリオにおけるCTの有効性
・医科用CTは画像が粗く、行くのも面倒
・RevoluXを選んだ理由
・症例1:踏みとどまった抜歯
・症例2:リエントリーをしないで確認
・症例3:出来なかった再生療法
22
2013年1月号
(1571KB)
十河基文 iCATの製品へのこだわり
・傾斜埋入に有効なインプラント断面
・ガイドサージェリーで適性なドリリング
・歯科用CTへの3つのこだわり
21
2012年12月号
(1524KB)
鳥潟隆睦先生 デンタルでは見えなかった歯の実質欠損
・RevoluXを選んだ理由
・歯の実質欠損
・インプラントの周囲骨
・ガッタパーチャのアーティファクト
20
2012年11月号
(1827KB)
平野滋三先生 エンドにおけるCTの有効性
・エンドの症例
・上顎6番近心根の第二根管を発見
・頬舌側的な状態を含む3次元の把握
19
2012年10月号
(1731KB)
十河基文 症例供覧と微小角再構成
・エンドの症例
・8番の埋伏歯
・「細かさ」へのこだわりと「微小角再構成」
18
2012年9月号
(2415KB)
十河基文 一般診療を変えるCT診断
・一般診療に活用できる歯科用CT
・消極的な申請と返戻
・撮影時の注意
・診断時の注意
・RevoluXで細かく診断
17
2012年8月号
(1427KB)
十河基文 歯科用CBCT「RevoluX」デビュー!
・RevoluXとは?
・次世代CT再構成ソフトGIDORA搭載
・高画質を追求
・エンドやぺリオにも有効な細かさ
・Landmark Systemとの連携
・DICOM出力・ビューワー出力
・パノラマモードとセファロオプション
・画像の一元管理
・全国11拠点(当時)で安心のサポート体制
16
2012年7月号
(1693KB)
十河基文 GIDORAの技術-2 「CT値で臨床的骨質診断」
・CT値とは
・学会による見解
・CT値が満たすべき最低条件
・GIDORAの画像濃度値
・なぜ「CT値が出ない」といわれるのか?
・適正な補正処理とキャリブレーション
15
2012年6月号
(1457KB)
十河基文 GIDORAの技術-1 「金属アーティファクト除去」
・3D上で金属アーティファクトを除去
・再構成ソフトGIDORA
・GIDORAのヒントは生データ
14
2012年5月号
(1430KB)
十河基文 歯列弓を「顎骨弓」と「歯冠弓」に分ける
・厚みの薄いMPR像
・カーブドMPR像
・顎骨中央を引く「歯列弓」でよいか?
・インプラントでは「歯冠弓」で診断
・下顎管を引くときには「顎骨弓」を利用
13
2012年4月号
(1456KB)
古原英男先生
古原優樹先生
坪井奈々子先生
頬舌側の顎骨形態の把握にはやはりCT撮影
・濾胞性嚢胞
・根尖病変
・前歯部唇側の薄い骨
・重要なのは頬舌側方向
12
2012年3月号
(1467KB)
岡村昌明先生 上顎洞炎が歯性か?鼻性か?
・パノラマではわからない上顎洞炎
・歯性か?鼻性か?洞底ラインの確認
・危うく「思い込み」による見落としを・・・
11
2012年2月号
(1448KB)
十河基文 CTでは咬合平面を水平に
・パノラマは「眼耳平面」を基準
・CTの基準「咬合平面」が見えず誤診
・誤診しないような工夫
10
2012年1月号
(1614KB)
山本朋章先生 経過観察におけるCT撮影
・定規としてのインプラントとCT値の色づけで
  直感的なCT診断
・自信過剰にならずに術直後にCT撮影
・定期的な経過観察時にCT撮影
9
2011年12月号
(1474KB)
竹内佐年先生 エンドにおけるCTの活用
・症例1:左上4番の違和感
・症例2:左上6番の違和感
・症例3:右上6番の咬合痛
8
2011年11月号
(1410KB)
十河基文 GIDORA特集
・GIDORAとは
・3つの症例供覧
7
2011年10月号
(1577KB)
竹内佐年先生 骨幅拡大への応用 金属アーティファクトの低減
・CT値を活用する
・金属アーティファクトの低減
・CT値と金属アーティファクト低減の両立
6
2011年9月号
(1548KB)
立木靖種先生 下顎管までの距離 歯根吸収と上顎洞炎
・正確な情報を得るためにも
・パノラマでは見えない病態
・邪魔な金属アーティファクト
5
2011年8月号
(1587KB)
小野晴彦先生 再生療法の再評価 骨量・骨質の術前イメージ
・リエントリー手術をしないで評価
・骨支持状態を事前にイメージ
・安心した骨がD5
4
2011年7月号
(1633KB)
山羽 徹先生 骨粗しょう症の診断 ガイドサージェリーの症例
・骨粗しょう症の症例
・ガイドサージェリーへの応用
3
2011年6月号
(1611KB)
宮﨑正憲先生
宮﨑隆浩先生
骨移植の診断 水平埋伏智歯の診断
・左上1番の外傷を主訴
・水平埋伏智歯抜歯のストレス
2
2011年5月号
(1377KB)
菅井敏郎先生 サイナスリフトの術前診断
・サイナスリフトでは必ずCT撮影
・上顎洞粘膜の肥厚を診る
・GENDEXで診る
・上歯槽動脈と上顎洞の形態を診る
1
2011年4月号
(1380KB)
十河基文 CTの有効性について
・骨量診断
・臨床的骨質診断
・CT値に色付け